2017.11.20
朝陽の家。
大工さんの古澤さんも少しずつ大詰めになってきた、これまで時間をかけてしっかりと納めて頂いてきた。二階リビングの住まい、この気持ち良い感覚がたまらなくいい。冬の低い陽射しが、広いリビングいっぱいに延びている。家族が「ずっとここにいる場所・集まる場所」の雰囲気がだんだんつくられてきた。

すごくいいと思う。


ページの先頭へ