2018.5.26
昨夜栄村周辺を中心にした地震があったようだ。
長野市にいる僕には全く感じなかったが、震度をみると該当地では結構揺れたように想像する。東北大震災から弊社も地震に対して特に対策をするようになった。

打合せを重ね設計が整った時点で構造の専門家に構造体を相談している。
もともと弊社は「間取り優先型」から「構造優先型」に設計手法を替えているので、怖い構造にはならないのだが、間取りと構造は切れない関係なので相談するようにしている。
構造を重んじるとどうなるかというと、同じ家ができてくるようになる。だからダイコクの家はある程度の型が完成されており、街中でもダイコクの家はすぐにわかるようになった。

ダイコクの家がスッキリとまとまっているのは構造のおかげ、山辺先生のおかげです。弊社は耐震等級などの計算値よりも、設計図面から構造体を読み取ってもらうことにしています。この手法にしてからスタッフのレベルの向上にもつながっています。

それにしても先週から地震がつづくなぁ・・・

ページの先頭へ