2018.6. 5
先日の建前の現場、写真は「おっかけだいせんつぎ」という仕口継手。

桁(けた)や梁(はり)の手刻みの継手として用いられる、大変優れた手法だ。本来はとってもメジャーな継手なのだが、金物による継ぎ方が主流になったためか、あまり見られないようになった。



ページの先頭へ