2018.8. 5
気持ちばかりの御中元の品物をお渡ししている。
スタッフで手分けして今年前半でお世話になった方々を回り、ごあいさつさせて頂いている。日頃お世話になっている方々をまわるのは正直楽しい。時間があればゆっくりお邪魔させて頂きたいのだが、御歳暮と同じでこういう時期に限って忙しいものだ。玄関先のわずかな時間でも間違いなくオーナー様の顔を拝見するだけで元気を頂ける。

写真は2階に居間を配置した住まい。
この手法は敷地の大きさが小さい場合、陽当たりが心配な場合、リビングを広く欲しい場合、景色を楽しむ場合に小社では使う。今、竹入君と饗場君が設計中の御宅でもこの手法が用いられ、設計が進んでいる。

写真は今井君が担当させて頂いた「小布施の家」。
通行する方々と目線が合わないだけで、まずはストレスが全く違う。

ページの先頭へ