コンセプト

ダイコクは長野の小さな工務店です。たくさんの意味から自然素材を使う家づくりに取り組んでいます。気持ちいい空間をつくりたいから設計に拘ります。品質を保つために決まった量の仕事しかしません。たくさんの風を感じる家をつくろうと思っています。お日様に感謝する家をつくろうと思っています。流行を追うことなく、売れるものを追うことなく自分たちが信じる家づくり、街づくりにただひたすら進んでいきます。すべては家族がいつまでも長く仲良く暮らすために。コミュニティが小さく感じるために。住まいは 生き方、ダイコク。

ダイコクの家つくり

住まいは「生き方」。その人らしい生き方を実現するために、我々ダイコクはひたすら「正直」になります。

長く住み続けられる事

写真

素材の考え方

いい家のひとつの基準は「長く住める」ことです。普段、身に着けている 衣類や小物と同じで、いい素材は長持ちします。そして、いいものは使えば 使うほど、暮らしや体に気持ちよくなじんでいきます。
これから建てる家に何年住めるかを考える事が、建築コストの 本来のとらえ方です。ダイコクでは国産および県産の無垢材や自然素材に こだわり、地元の職人による丁寧な家作りを徹底しています。コンパネベニヤ、 フローリング、集成材といった合板や、プラスティック、ビニールなどの合成材 は極力使用しません。自然から生まれた安心安全なもの、解体の際にも環境へ負担 をかけないもの、そして長期の使用にも耐える良質な素材だけを厳選して、次世代 へ住み継いでいける持続可能な循環する家を作っています。

家族の生き方

写真

設計への想い

私たちはデザインのためだけに家を設計しません。家族の人数で 部屋数を決める事もしません。大切なのは住まう人の生き方です。 望んでいる生き方を実現するには、どのような居場所を作るべきなのか —それを提案するのが設計の仕事だと考えます。 住む人が心地よいと思える空間や暮らしの風景をともにつくって いくこと。家族の声や足音、気配を感じながら暮らすことで、思いやりや 気遣い、感謝の気持ちが芽生え、家族の絆と愛が育まれていくような家づくりをめざします。

家族を守る構造

写真

安心の追求

地震の多い日本では、家は大切な家族を守る一手段でもあります。だから家をつくるときは「丈夫であること」が欠かせません。 デザインや広さにお金をかけるのもいいですが、「安心」にお金をかけることはもっと大切です。
ダイコクでは構造設計事務所の協力の下、全棟について構造設計相談を実施しています。住宅の根幹ともいえる「構造」。 これまで建築士の知識や大工さんの経験と勘に頼っていたこの構造を、専門家の理論に基づき設計・建築することで、より強固で安心な家づくりができます。 お施主様の要望を単に取り入れるだけでは、家づくりは成り立ちません。 デザインと間取り、そして確かなデータに裏付けされた「強固な構造」が伴って初めて、安心な家づくりと呼べるのです

 

自然に寄り添って暮らす

写真

パッシブという考え方

現代のデザイン重視の住宅からは姿を消しつつある軒や庇。これらは、高温多湿の日本の気候においてとても重要な役割を果たします。 深い庇は、夏の強い陽射しを遮り、冬の低くて穏やかな陽射しを部屋の奥へと呼び込みます。雨水の侵入も防ぐので、蒸し暑い夏の雨にも、 窓を開けて風を取り入れることができます。「外」の自然を隔絶するのではなく、「内」へと取り込むパッシブの発想。家族の関係と同様に、 間取りにおいても内に閉じるのではなく、外へ開いていく考え方を大切にしています。

夏と冬の太陽の高さ

地産地消の家をつくる

写真

循環型社会への考え方

豊かな森林に囲まれた信州の地。しかし、その身近な山や森から届く木材で建てられる家はごくわずかです。 安価な輸入木材が市場の大半を占める今、地元の山では荒廃が進んでいます。 元来、ねばりや耐久性、調湿作用に優れている木材は、育った環境と同じ気候風土のなかで使われることで、 その特性をさらに発揮することができます。樹種の適性を見極めながら、信州の間伐材を積極的に用いることで、 地元の山を守り、林業を促進し、持続可能な人と森との関係を築いていく。良質な信州の木で、最良の信州の家をつくることーそれが、私たちの誇りです。

木使用法

ページの先頭へ