写真

家つくりの流れ

暮らし方に合わせた家づくりをご提案いたします。ご一緒に納得いくまで考え、自分だけの家をつくりましょう。

  • 建築士資格を持つ設計担当者がしっかりとご案内させていただきます。間取りや空間の広さを実感してください。完成見学会などの情報もこちらで。
  • 家への想い」を伺い、住み方・暮らし方・ほしい空間などをディスカッションします。スケジュールや予算などの資金計画もご相談させていただきます。
  • まずは新築また建替え予定の敷地調査に伺い、方角・道路接道・土地のかたち・日差し・まわりの風景などを念入りに読み取ります。
  • お客様からお聞きした「想い」や「ほしい空間」などのご希望を図面に落とし込み、おおよその資金計画に沿ったプランをご案内させていただきます。設計者にとって一番緊張する瞬間です。
  • ファーストプランをたたき台として、お客様と平面図を中心に間取りのつくり込みが始まります。それぞれの考えをキャッチボールしながら少しずつ詰めていきます。
  • 図面の大きさが1/100から1/50の大きさになり、建具やつくり付け家具、暖房計画、照明計画などの詳細を決定していきます。予算に合わせた屋根・外壁・内装などの仕様も決めていきます。
  • お客様とつくりあげてきた図面を基に、建築工事のお見積りを提出させていただきます。合わせてご契約の準備やお支払方法などのご計画の打ち合わせをします。
  • いよいよ建築請負契約の締結です。同時に瑕疵担保保証の手続きを行います。建前までのスケジュール確認をし、建築確認申請などの行政手続きに入ります。
  • 地鎮祭・地縄立会いを経ていよいよ着工です。工事を開始し竣工にむけて現場監督の指揮のもと作業が進められていきます。
  • 「棟上げ」と呼ばれるもので、家の骨格となる構造体をつくりあげます。ちょっと実感がわいて…「感動」の瞬間です。
  • 打ち合わせ場所が会社から建築現場へと移ります。「実際の寸法」など設計図面ではわからなかった部分を、お客様と現場にて詳細に打ち合わせをしていきます。
  • 社内完成検査を経てお客様と竣工立会いをします。家の「取り扱い説明」を受け、いよいよ鍵の引き渡しとなります。念願のマイホームの完成、お客様が一番感動する瞬間です。

ページの先頭へ