2018.9.30
着工中の「湯谷の家」のお施主様から「おだやかな革命」という映画のことを知りました。
この映画は今月のはじめまで上田映劇で放映されてました。
国内で静かに動きはじめた地域による自然エネルギーの再生、それらを紹介し各地に広まる動きをまとめた映画です。住宅雑誌「チルチンびと95号」に会津電力の佐藤さんの記事がありますが、この映画でも紹介されていたようです。
チルチンびとの文面にもある「自分のことは自分でやる」・・・この自己完結的なことがとても大切で、誰にも迷惑をかけない生き方をめざす必要があります。
小さい話になりますが、ダイコクも建設時そして解体に時埋め立て処分をしないですむ材料で家づくりに取り組んでいる。すぐに使い捨てられる安価なもの、そして処分に困る産廃ゴミだけは残したくないと思っています。そして電力は作れないが、家づくりを通じて地元の林業や産業に役立てられる仕事を増やしていきたい。それも環境につながる動きだと思っています。

ページの先頭へ