2018.10. 5
家づくりは湿気との闘い・・と言っても過言ではありません。
室内や壁の中といったところに注目しがちですが、屋根は意外と盲点になるところかと思っています。

ダイコクでは屋根の防水紙にセーレン社製のものを使用しています。湿気を透す「透湿型」という止水紙です、しかも遮熱の効果も期待できるものです。

家の中、壁の中はもちろんですが、屋根は構造上もっとも大切な場所となります。家そのものを雨や雪、真夏の日差しから守る役目を負います。言わば家中で一番過酷な場所、要するに材料が傷み易い場所、早く劣化し易い場所になります。湿気を透すものかどうかは、経年変化に大きく影響して来ます。

もちろん防水紙を透湿型で施工したから、すべて安心ではありません。
その下にある野地板といって板金材や瓦材の下地材になるものも大きく影響します。
家づくりは建設会社それぞれの方針で大きく変わります。そのあたりの施主への伝言、施工精度、知識、信頼(正直さ)が日頃から大切だと思っています。

写真は昨日の建前したばかりの「湯谷の家」より拝借、屋根職人は宮野さんです。

ページの先頭へ