2018.11. 8
ダイコクの木々も、紅くきれいに色づきはじめて来ました。

今日から、ある家屋の解体工事がはじまる。
スタッフ担当者が解体前の最終確認にため、その家屋の中に入ってみると家族から長年住んだ家への感謝のメーッセージが壁に描かれてあった。

以前もちがうかたちですが、そうした思いが伝わる解体前の現場があった。
建替えに伴う新築工事の場合、どうしても旧家屋の解体工事が存在する。いろんなたくさんの思い出を振り返りながら片付ける、そして家屋解体時は万感の思いなのだろう。

また新たな住まいで、いっぱいいっぱい思い出をつくってほしいと願う。


ページの先頭へ