2018.11.25
饗場君が担当する信州カラマツ「湯谷の家」、中間見学会を開催させて頂きました。
軽井沢や上田方面からもお越し頂きました、ご参加された皆さま遠路ありがとうございました。

二階リビングの間取りは文字通り居間が二階にある暮らし。
カラマツでつくった県産木製サッシの雰囲気のせいもあるのか、
広さの感じ方がまたちがう、幅が4間間口なのにもっと広く感じてしまう。
土地の立地条件、住まい方を考慮した設計の考え方もこれが良かった。
28坪の暮らし・・・この設計なら十分な広さになった。

ページの先頭へ