2018.12. 7
暖冬です、でも薪ストーブ!
ということでショールームの薪ストーブに大安の今日、火を入れました。

今日は毎シーズンのはじまりに行う「慣らし焚き」。
毎年の出来事ですがシーズン初回は必ず塗装の焼き付けの匂いがします。毎年毎回そうなりますので、はじめは火を鋳物に慣らす意味もふくめ、慣らし焚きと称してやってます。

不思議なことに1回焚くともう変な匂いはしません。これで今年の準備はOK。
それにしても薪ストーブのやわらかいあたたかさ・・・何ともいえません、はい。


◇参考:ショールームの薪ストーブ
ダッチウエスト コンベクションヒーター

ページの先頭へ