2019.4.13

「寺尾の家」、昨年完成した総二階のシンプルな住まい。
デザイン性と機能性に富んだ住まいだが、それが「普通」に見えるところ、「主張」しないところがダイコクらしい。

今も見学会に来られたお客様からは、その家事動線の良さが好評で話題になる。実は今日の午前中のお客様からも「寺尾の家」のうれしい話題を頂戴した。

1階の家事動線が良いということは、どうしても1階の面積が広くなってしまう。
そこをできる限り抑えてつくることがポイントとなる。大切なリビングが狭くなりがちになるが、そこは最小限に留めたいところだ。

「寺尾の家」・・・とくかく今も話題にあがる。



ページの先頭へ