2019.5. 9
今井君とすすめているプレゼンが大詰めに入っている。
土地の形状や周囲との関係、そしてお施主様の希望や予算をバランスよく考えていくのですが、良いプランになりそうです。

土地の環境は大切で、考え方によって時に「贅沢」になります。
どういうことかというと、ここでしか出来ないこと・・・が生まれてきます。この地型だから、この環境だから可能になること、挑戦できること、が生まれてくるものです。

写真は今井君が手掛けた「五加の家」。
千曲川の土手に沿って建っています。
普通なら西日があたるから、なるべく窓は設けず「閉じる」ような設計になりますが、あえて眺望を優先させ窓を設けました。その分庇を深くし更に遮熱ガラスを用いたサッシを取りつけ「開ける」設計になりました。

多少夏場は暑いこともありますが、その反面冬は低い穏やかな日差しが部屋の中ほどまで入り込んで来ます。所詮住宅はメリットとデメリットの世界、設計は考え方次第で暮らしの豊さが大きく変わります。

ページの先頭へ