2019.6. 8
先日建前した「篠ノ井の家」。
これから本格的に大工の仕事に入る。

大工棟梁は古澤勝利さん、もう長い付き合いになる。
ダイコクのつくり方は難しいところがあり、面倒くさがる大工には残念ながら無理な仕事。
古澤さんはそこをいつも手間をかけて「普通」に納めてくれる。

人の顔がみんな違うように、大工の手もそれぞれちがう。
それぞれのやり方で、それぞれ進めてくれる。

うちの大工さんはみんなすごい。


ページの先頭へ