2019.11. 8
はじめて飯山に伺ったのが2018年1月、
雪の深さを確認に行ったのがはじまりだった。

確かご両親に挨拶させて頂いたのもこの時、
お母さんがお留守だったことを思えている。

いくら暖冬と言えども、その積雪に驚いたのが
つい昨日のことのように感じる。

飯山の家が完成し引渡しを迎えました。
担当した饗場君は遠い道のりでも、
遠く感じなかったことだろうと思う。
初めての雪国の家づくりへの挑戦、
ダイコクのスタイルとのマッチング、
構造の計算、設計そして意匠、
そしてお施主家族のあったかさ。
これらすべてがモチベーションになっていた。

あらためまして、竣工おめでとうございました。
確かに窓から見える緑に目を奪われますね、
そこにダイコクらしい重い空間、そして
たくさんのシンプルな居場所がある・・・
そんな居心地の住まいだと思います。

令和、甲子園、台風、新居そして家族の誕生・・・
本当に特別な年になったことと思います。
これからも長い長い・・・長いお付き合いを
どうぞよろしくお願い申し上げます。

飯山の家・・・貴重な経験をさせて頂きました、
本当に感謝です、ありがとうございました。



「飯山の家」

設計担当  饗場一智

構造相談  山辺構造設計事務所

家  具  HUMP

大工棟梁  德武和也
建具工事  月津洋一
左官工事  丸山 進
基礎工事  滝沢充男
屋根工事  宮野哲二
木  材  マルオカ

薪ストーブ  ヤマショー


地質調査  土木管理総合試験所



ページの先頭へ