2018.9. 2
ダイコクではお馴染みの鐵音(くろがね)工房のペレットストーブ。
この度新作が完成したとのこと、新しいカタログが送られてきました。村山さんいつもありがとうございます。
鐵音工房といえば、電気を使わないペレットストーブで有名。なのでどこででも暖を取ることができる。災害時にももちろん使用できる。燃料の薪や木質ペレットさえあれば街のど真ん中、海の上でもどこでも暖をとれる。

この度の新作は自己発電する。
自己発電しペレットの供給を自動で制御する。以前は信州産らしくオルゴールのゼンマイからヒントをもらいそれを利用していた。それだけでもすごいのに、今回も・・・すごそうだ。もちろん電源につなげる必要はない。

ペレットストーブは主暖房としておすすめしている。
薪の手配が大変だけど火を見る暮らしを日常したい、街の中の団地でお隣さんへの煙が気になる・・・などの方にはもってこいだと思う。
村山さん、また新作を見にお邪魔させて頂きます、ありがとうございました。




ページの先頭へ